兵庫県丹波市の歯医者|おぎの歯科|矯正歯科 小児歯科
電話番号(0795-75-1901)
メールでのお問い合わせ
兵庫県丹波市の歯医者|おぎの歯科|矯正歯科 小児歯科

お母さん方からの質問Q&A

子どもの虫歯予防にキシリトールはどのような意味があるのでしょうか?

1)ミュータンス菌の減少
キシリトールを利用する事で歯面のミュータンス菌(虫歯を作る細菌)を減少させることが
可能です。特に永久歯交換期(乳歯と永久歯がどちらもお口の中にある時期)に日常的
に使用する事で効果的に減らすことが可能です。

2)ブラッシング(歯磨き)の補助
キシリトールを使用することでプラークが脆弱に(歯垢がとれやすく)なりブラッシング
(歯磨き)しやすくなります。

3)食生活指導
キシリトールをおやつの最後に食べる、食間にキシリトールガムをかむことにより唾液分泌
を促進させ、歯の再石灰化を促すことができる。

子どもの虫歯予防に糖質摂取制限はどの程度厳重にすべきでしょうか?

リスク(虫歯になりやすさ)にもよりますが、中等度以下のリスクならば量に関してそれほど厳重な制限は必要ないと思います。

「量」の制限ではなく「回数」の制限を行うべきでしょう。少ない量でも頻回に食べていたり、だらだら食べているとリスクが高くなります。

回数を減らす工夫として、デザ-トは食事に引き続いてとる、飲み物はシュガーレス(麦茶やお茶、牛乳など)にする、おやつの時間、場所を決めるなぢがあります。

ただし、唾液緩衝能(唾液により虫歯になりにくい状態をつくる能力)が極端に低く永久歯が生え始めた時期には、できるだけ糖質制限(お菓子等の制限)を行った方がよいのは言うまでもありません。

年齢でブラッシング(歯磨き)に違いはありますか?

ブラッシング(歯磨き)の目的は歯牙や歯周組織を傷めずにプラーク(歯垢)を除去することなので基本的に異なるところはないと思います。

しかし、幼児や小学校低学年の子どもは手先が器用でないため、少し硬めの歯ブラシでしっかり歯垢を落とす必要があります。

永久歯が生えそろえば、歯肉の退縮を未然に防ぐために歯ブラシの硬さは普通に、またブラッシング圧(歯磨き時の力の入れ方)に注意する必要があります。

また歯ブラシを上手に扱えない場合は電動歯ブラシを使用するのも解決法です。
いずれの場合もフッ素配合歯磨剤を併用すれば虫歯予防に効果はあります。
ページの先頭へ